神戸六甲道の靴修理店BAMBOO靴職人による修理や加工の解説

神戸の灘区六甲道から皆様の靴修理をさせて頂いております。三宮より大阪梅田方面へ3駅JR六甲道から徒歩5分、 他店で一度断られた靴でも是非お持ちください。靴職人の手作業による修理で、修理できる靴はございます

最新情報はInstagram(当店SNS)にて更新しております

当ホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。 shoe repair工房BAMBOOでは最新の靴修理情報をSNSのInstagramにて公開しております。 ご質問やお問い合わせ等はインスタグラムにて直接メッセージ頂いた方がレスポンス速く対応する事ができますので、気軽にお問い合わせください。靴修理情報と愛犬との生活をInstagramにて公開しております

SEO「スニーカー・靴修理」関連のキーワードでGoogleの検索順位ランキングで1位を獲得いたしました

「SEO」検索ランキング1位獲得したキーワード [1位:NIKE修理 神戸] [1位:クレープソール 神戸] [1位:ビブラムソール 神戸] [1位:カンペール 靴底 神戸] [1位:トゥシューズ 加工 神戸] [1位:スニーカー 加水分解 神戸] [1位:スニーカー オールソール 神戸] [1位:靴修理 六甲道] [1位:プルストラップ交換]

shoe repair 工房 BAMBOO 店舗情報

shoe repair工房BAMBOOは、神戸市灘区六甲道で皆様の靴修理をさせて頂いております。JR三ノ宮(三宮)から3駅JR六甲道より徒歩5分の場所で靴修理店を営業しています。手作業での修理を行い、思い出の靴を良い状態へ、最適な履き心地へと生まれ変わらすために、靴修理工房BAMBOOでは、お客様一人一人のご要望に適した靴の修理をさせて頂いております。

NIKEスニーカー(エアマックス95 Air Max)の加水分解を交換修理|ビブラムソールで男らしくカスタマイズ

NIKEのコンセプトと思いが詰め込まれたエアマックス、伝統と品質と男らしさがあるビブラムソール、ウェルトとEVAを工夫しナミナミを再現してます。 製造された時以上の機能性やデザインを引き出して靴と持ち主に新しい人生を歩むきっかけを作る。そういう願いを込めて楽しみながら修理スタート! 耐久性は機能性はもちろん、完成後のカッコ良さと見栄えを追求し、靴の新しい可能性を引き出す。靴の変身カスタマイズを考える時間は私にとって至福な時間。

【保存版】トリッカーズ(Tricker’s)を集めてみました|プルストラップ交換オールソール修理【総集編】

トリッカーズ(Tricker's)プルストラップ交換やオールソール交換修理【総集編】 新規openからあっという間に5年が過ぎ、 一歩一歩ずつですが皆さんのおかげでここまでこれたと思います。 今までの修理をまとめた総集編をやっていこうと思います。 第一回目はトリッカーズ(Tricker's)の靴修理 イギリスのカントリーブーツと言われるトリッカーズ(Tricker's) 美しいフォルムと人生のお供にできるクオリティーをもった靴です ソール(底材)などもイギリス生まれのダイナイトかコマンドと統一すれば それこそまさに英国紳士!違いの分かる紳士諸君ならば是非身に着けておきたい一品(一足)です。

独立したら一度は修理してみたいレインブーツ(長靴)を修理してみました

レインブーツやスノーシューズなどの修理は修理屋さんに引き受けてもらえない事が多いです。 当店もレインブーツはずっと断ってきました。しかしご依頼があった靴の状態や破損個所、自分の経験やスキル、店内の材料などから 今回は総合的に「できる」と判断しご依頼を受けてみる事にしました。 個人でレインブーツやスノーシューズの破損を修理する時は…。

バイク乗りのお悩み解消|エンジニアブーツのつま先修理

先ほど記事を書いている時に地震が起こりました。 津波の心配はないそうですが、皆さんくれぐれもご注意ください。 さて、地震の時、人やペット以外で何か自分の大切なものを 一つだけ持っていかなくてはならないならどれにする? と言われたとき、「自分の愛用している思い出の詰まったブーツ」 と答えるほど私はブーツ愛好家でもあります。 今日はブーツ第2弾 エンジニアブーツの穴修復修理をお届けいたします。

店舗経営における同業者は仲間でありライバルではない、では真の商売敵とは

靴修理に限らず他の業界でもそうですが、商売には同業者との関係は必ずついてまいります。 今日は靴修理業界における同業者と真のライバルについてお話します。修理業界では自分が出来ること、 得意な事がそれぞれ違いますので、地元の同業者同士お客様の要望を叶えるためにお互い支え合うのが理想だと考えています。 昔は同業者はライバルだとか商売敵だとか考えられていましたが、今は時代が変わりました。ライバルの定義を変えて、いま目を向けなければならない 真のライバルは別にいると思っています。